荒川区でおすすめの不用品回収業者3選と粗大ゴミの出し方を解説!

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/07

粗大ごみは何も考えずに処分してしまうと不法投棄になってしまうので注意しておきましょう。安全に処分をするときには専門業者を利用するのが良いです。適切な判断で不用品を処分してくれるので、不法投棄などのトラブルを回避できます。

エコピット(株式会社ルクス)

【詳細】
会社名:株式会社ルクス
住所:東京都渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉ビル 4階B
TEL:0120-900-413

不用品回収をしてもらいたいときは東京都荒川区にある株式会社ルクスのエコピットを使ってみましょう。エコピットは荒川区で粗大ごみの処分をしてくれるサービスです。主に大型家具や家電などの処分に適してサービスで、ゴミ屋敷の片付けまで対応できます。引っ越しをするときに出る粗大ごみの処分にも対応します。

エコピット(株式会社ルクス)ではプロが片付けを担当してくれるので、問題なく不用品の処分を行ってくれるのがメリットです。回収するだけでなく現場の清掃まで対応してくれます。荒川区なら即日対応も可能なので使い勝手が優れています。

不用品回収や片付けをするときにネックになるのはトラブルです。部屋を傷つけてしまうこともあるので注意しておきましょう。エコピット(株式会社ルクス)では損害保険に対応しているので、トラブルが合っても安心です。

他にも後から追加料金の請求などもないので安心して利用可能です。また遺品整理の対応も可能なので多くのユーザーが利用できます。テレビが1点だけあるので回収してもらいたいときにも、エコピット(株式会社ルクス)は対応してくれます。

また分別していないものを回収してほしい、近所に知られないように早急に回収したいときにも便利です。引っ越し作業も一緒にしてもらいたいときにも対応できるので使い勝手が優れています。ちなみにエコピットで対応できる地域ですが、荒川区以外だと東尾久や西日暮里などです。他にも町屋や南千住にも対応できます。

株式会社アームコーポレーション

【詳細】
会社名:株式会社アームコーポレーション
住所[関東事業本部]:東京都新宿区西新宿5丁目15番6号
TEL:0120-430-999/03-3373-3102
受付時間:8:45~19:00

科学技術や経済の発展により、私たちの社会は豊かな暮らしを実現してきました。その一方で大量消費は自然や環境に大きな負荷を与え、地球温暖化などさまざまな問題を引き起こしています。

中でも増え続けるごみについては特に深刻な問題のひとつです。国や地方自治体では環境影響の軽減や限りある資源の有効活用のため、リサイクルの推進や分別収集の徹底など積極的な対応を推し進めています。

しかし、残念ながらその取り組みにも限界があります。特に大きな問題となっているのが粗大ごみで、処理による負担軽減のために多くの自治体で有料制を実施しています。たとえば東京・荒川区では、一片の長さが30cmを超える家具・家電製品(一部を除く)・布団などが有料の対象となっています。粗大ごみについては、費用はもちろん量によっては搬出などにかなりの負担が生じます。

そこで考えたいのが不用品回収業者の活用です。不用品回収の分野で、豊富な実績があるのが株式会社アームコーポレーションです。同社では格安料金での回収に加えて、片付や清掃まで依頼することができます。しかも再利用できるものに関しては無料で引き取ってもらえ、品物によっては買い取ってもらえることもあります。

回収は1点から可能で見積もりは明確かつ無料、しかも依頼後に見積もり金額が変わることは一切ありません。株式会社アームコーポレーションなら安心して便利に利用できるとともに、場合によっては処分によってお金を手に入れることができるかもしれません。粗大ごみなど不用品の処分を考える際には、一度問い合わせをしてみるのがおすすめです。

ドープランド(MOG株式会社)

【詳細】
会社名:MOG株式会社
住所:東京都品川区小山3-2-4
TEL:0120-709-350
受付時間:9:00~20:00

品川区に拠点を置くドープランド(MOG株式会社)では、荒川区も対応エリアに含まれています。日暮里や南千住などひととおりのエリアで、出張費がかからず回収に来てくれます。

そして粗大ゴミ以外にもリサイクル法に対応した家電から衣類に至るまで、さまざまなものが回収対象です。もし必要ないものがあれば、一緒に引き取ってもらうのも良いでしょう。

そんなドープランド(MOG株式会社)で特徴的なのは、回収するものの買取に力を入れている点です。回収業者と共にリサイクルショップとしての面もあわせ持っているため、もし買取ができるのであれば費用に反映させられます。

ただノーブランド品で食器棚やベッドなどの家具単品では、回収自体が対応できない点には注意しておきましょう。したがって他に一緒に回収するものの量が多かったり、その中に価値のあるものが含まれている場合に適していることになります。

荒川区内の回収であれば一軒家規模まで可能で、条件さえ合えば即日対応もできるかもしれません。そしてその量に柔軟に対応できるように、大小大きさの違うトラックが用意されています。粗大ゴミは大抵サイズが大きく重いので、回収のために持ち運ぶのもひと苦労です。

そしてその際には建物を傷つけてしまう恐れもあるため、ドープランド(MOG株式会社)では原則として養生による保護が施されます。そのうえ上限が1億円の損害賠償保険にも加入しているので、もし何らかのトラブルが発生したとしてもカバーされます。

 

ひと口で粗大ゴミを回収する業者といっても、それぞれ対応できるパターンや料金が異なります。その違いを把握したうえで、粗大ゴミの具体的な出し方を知っておいて、最適な条件を提示してくれるところに依頼するようにしましょう。

おすすめ関連記事