品川区でおすすめの不用品回収業者3選と粗大ゴミの出し方を解説!

公開日:2020/08/18  最終更新日:2020/10/28

現在、品川区にお住いの方で溜まってしまった粗大ゴミなどの不用品の処分に困っている方はいませんでしょうか。区ごとに違う処分を求められる粗大ゴミなども多く、その都度頭を悩ませるという方も多いようです。そうしたときに頼りになるのが品川区での不用品回収の経験豊富な、信頼できる回収業者になります。

エコピット(株式会社ルクス)

【詳細】
会社名:株式会社ルクス
住所:東京都渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉ビル 4階B
TEL:0120-900-413
受付時間:24時間受付可
定休日:年中無休

処分せずに溜まってしまった粗大ゴミなどの不用品をどうしようかと悩む品川区の方は、迷わずこのエコピット(株式会社ルクス)に相談しましょう。ここは、品川区を始めとした東京の多くのエリアの不用品回収に対応しています。

ここの最大の特徴といえるのが、何といってもそのリーズナブルさです。これまで事業所などの大量の粗大ゴミが出るケースから、いわゆるゴミ屋敷の片づけまでありとあらゆる経験をしているここは、どんなシチュエーションにも対応できます。

その経験が数々の顧客目線に立ったお得なパック料金の考案につながり、リーズナブルさを実現してきました。リーズナブルさだけでなく、回収までのスピーディーさもこのエコピットの魅力の一です。

先述の通り、これまで数々の経験と実績を積み重ねてきたことから得られた知識により、電話連絡などですぐに状況を把握できます。最短で即日対応が可能だという使いやすさは、業界随一ともいわれています。

大量の不用品回収だけでなく、少量の回収など主に個人向けのさまざまなシチュエーションにフレキシブルに対応できるのも、多くの人に愛される理由の一つです。家電製品1点のみの回収、隣近所に知られないように、回収と同時にハウスクリーニングをして欲しいなどありとあらゆるお願いに応え続けてきました。こうした客に寄り添う姿勢も評価されている要素と言えるでしょう。

株式会社アームコーポレーション

【詳細】
会社名:株式会社アームコーポレーション
住所[関東事業本部]:東京都新宿区西新宿5丁目15番6号
TEL:0120-430-999
受付時間:8:45~19:00
定休日:年中無休

日常生活に関するさまざまな分野でのサポートをおこなっている株式会社アームコーポレーションは、不用品回収も業務の一環です。家具から衣類まで幅広いものが対象で、量にも制限はなく1点からでも依頼可能です。作業をする人員が1人の場合、基本的に回収料金は一律で、戸建てやマンションといった違いの他、階段の有無にも影響されません。

そして軒先でスムーズに渡したり、株式会社アームコーポレーションが他のところへ向かうついででおこなえるだと料金が割安になります。ついでの場合は日程が指定されるため、時間的な余裕がある人に向いているでしょう。

また回収の対象になっているものの中には、照明器具やテレビなど取り外しの作業が必要な場合もありますが、回収を依頼するのであればその作業料はサービスとなります。そしてその回収費にそれぞれ異なる処分費用を1点ごとに追加していく形ですが、あらかじめ数百の分類によってだいたいの数字は決まっています。

プラスチックのケースやゴミ箱といったシンプルなものであれば、1点当たり300円からでも不可能ではありません。また購入してから5年以内という比較的新しい家電だと、状態次第では買取扱いにもできます。

その他にも回収するものが多い場合にまとめて任せられるパックメニューや、清掃などオプションも充実しています。そうした具体的な料金の数字は、電話での見積もりで知ることができ、それが後になって上がるということはありません。

ドープランド(MOG株式会社)

【詳細】
会社名:MOG株式会社
住所:東京都品川区小山3-2-4
TEL:0120-709-350
受付時間:9:00~20:00
定休日:年中無休

ドープランド(MOG株式会社)は不用品回収や買い取り業務をおこなっているところで、10万件以上の実績があります。そのため信頼性に関しては、高いものが期待できるでしょう。そして処分方法が難しい冷蔵庫などの大型家電や、引っ越しの際に大量に出る廃棄など、いろいろなものに対応できます。

またその総量に柔軟に対応できるように、軽トラックから大きめのトラックまでが用意されています。その不用品回収と同じくらい買取にも力を入れているため、不用品の中に価値のあるものが含まれていた場合、それをお金に換えられるかもしれません。

不用品回収の相談はフリーダイヤルあるいはメールフォームから可能ですが、見積もりは実際に人の目で確認するのが基本です。したがってあらかじめ相談して決定した日時にスタッフがやって来て、具体的な数字が算出されます。

もちろん出張であっても見積もりには料金は発生せず、提示された額に納得できなければ断っても問題はありません。断ったとしても見積もり段階ではキャンセル料金は求められないので安心してください。

回収の対象となるものの中には重量があったりサイズが大きいなどで取り扱いが難しいものもあるかもしれませんが、ドープランド(MOG株式会社)は養生を義務付けています。そのため基本的には建物に傷が付いてしまうリスクはありませんが、そのうえ上限が1億円の保険にも加入しているので、万が一のことが起こっても安心できます。

 

品川区で依頼できる不用品回収サービスを確認してきましたが、それぞれ異なる強みを持っていたのがわかったのではないでしょうか。大切なのはその中から自身が求める最適なプランを見つけることなので、近い内容をひととおりそろえたうえで比較すると良いでしょう。

品川区の粗大ごみの種類と回収方法

粗大ごみなどの不用品回収をする場合、民間業者に依頼する方法と自治体に依頼する方法があります。その中でも自治体に依頼して粗大ごみを処理する人は多いです。そこで、今回は品川区における粗大ごみの回収方法や注意点について紹介します。

区で定義している粗大ごみの種類とは

粗大ごみを処分したい場合、民間の不用品回収に依頼する方法と、各自治体の回収ルールに従って処分する方法とがあります。品川区では、一辺の長さがおおむね30センチメートル角以上のごみを粗大ごみと定義して、区のルールに基づいた回収方法をお願いしているようです。

寝具や家具、生活用品などが該当しますが、一部のものは粗大ごみとして受け付けていません。例えば、エアコンやテレビ、冷蔵庫などの家電用品です。何故なら、これらは家電リサイクル法の対象品目となっているからです。そのため、家電販売店に引取りを依頼したり、家電リサイクル受付センターに申し込んだりする必要があります。

また、ピアノやエレクトーンなどの大型楽器や、オートバイなども粗大ごみとして回収できません。もし捨てたいごみが粗大ごみに該当するか迷った場合、区が公開している「品川区粗大ごみ処理手数料」の一覧で確認すると良いです。かなり細かく分類されているので、大まかのごみについては確認することが可能です。それでも迷った場合は、電話で粗大ごみ受付センターに確認してみましょう。

区で定めている粗大ごみの回収方法

品川区では「職員が自宅前まで収集してくれる方法」と「直接指定場所へ持ち込む方法」で粗大ごみを回収しています。ただし、いずれの方法を選択するにしても、事前に粗大ごみ受付センターへの申し込みが必要です。申し込みは、電話による方法とインターネットによる方法があります。

電話の場合、毎週月曜日から土曜日(祝日含む)の午前8時から午後9時まで受け付けています。インターネットは24時間受付可能なので、日中忙しい人はこちらが良いでしょう。ただし、品目によってインターネットでは受け付けていない場合があるので注意が必要です。

申込時に処理手数料が案内されるので、それに従ってごみ処理券を購入します。ごみ処理券は区内にあるコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで購入可能です。取り扱いがあるお店かどうかは、店頭に「ごみ処理券取扱所」の掲示があるかどうかで分かります。2020年2月時点で約340の店舗で取り扱っています。そして、指定された不用品回収の日までに、ごみ処理券をそれぞれのごみに貼っておきます。

収集による方法と持込みによる方法

「職員が自宅前まで収集してくれる方法」の場合、指定された日の午前8時までに指定した持出場所にごみを出す必要があります。一戸建てならば門や玄関先、集合住宅ならば粗大ごみ置き場などです。朝8時から区の職員が順番に粗大ごみを回収するため、わざわざ立ち会う必要はありません。そのため、ごみを出したらそのまま仕事に行くことは可能です。

また「直接指定場所へ持ち込む方法」の場合、日曜日に品川区資源化センターへ直接粗大ごみを持ち込むことになります。持込み時間は午前9時から午後4時までです。持ち込む前に、あらかじめ購入したごみ処理券をそれぞれのごみに対して、見やすい場所に貼っておきましょう。持込みの場合、本人であるかを確認する必要があるので、免許証などの身分証明書を持参する必要があります。ちなみに、収集手数料300円以上の粗大ごみは持込みの方が割安です。

 

品川区ではエアコンやテレビなど、家電リサイクル法の対象品目は粗大ごみとして受け付けていません。粗大ごみに関する細かい分類は「品川区粗大ごみ処理手数料」の一覧で確認可能です。回収の申し込みは電話かインターネットで受け付けているので、都合の良い方法を選びましょう。

そしてごみ処理券は「ごみ処理券取扱所」の表示があるコンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入できます。回収は収集と持込みによる方法を選択できますが、収集手数料300円以上の粗大ごみは持込みの方が割安です。

おすすめ関連記事