板橋区の粗大ごみの種類と回収方法

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/30

板橋区で粗大ごみを出すには、どんなルールと仕組みがあるのか注意しておきましょう。決まりを守らないと回収してもらえないので、二度手間になってしまいます。また、違う処理方法の選択肢も知っておくと、ケースバイケースで柔軟な処理方法を見つけ出せます。

自分に合った方法を選べる

不要な家具家電が出たときには、できるだけ早く処分してスペースを有効活用したいでしょう。そんなときにまず浮かぶのが、行政の粗大ごみの回収です。板橋区では申込制になっていて、申込も回収も便利で利用しやすいように考えられています。

まず、粗大ごみを処理してもらいたいときには申込が必要ですが、2通りの方法が用意されています。1つ目は「電話申し込みの方法」2つ目は「ネットから申請する方法」です。電話申し込みは専用の連絡先に回収してもらいたいものを伝えて、料金を計算してもらいます。

板橋区では回収対象を家庭から出たもので、最大辺の長さ30㎝以上が目安になっています。回収してもらえるかどうかも含めて、電話だと相談や質問ができます。ネットなら24時間申し込みができるので忙しい方にもおすすめです。

該当の種類を選べばいいので迷わずに申込ができます。粗大ごみは指定の場所に出す方法と回収センターへの持ち込みがあります。持ち込む場合も事前に申込が必要です。いきなり持ち込んでも、その場で支払いはできませんので注意が必要です。

事前に確認しておこう

板橋区の不用品回収は申込方法も処理方法も選択肢がある程度用意されています。いろいろな生活スタイルの方にも考慮して、利用しやすくなっているのでありがたいです。

それでも、やはり使い勝手がイマイチになってしまうこともあります。まずは、家庭用限定なので事業所やお店を営んでいる方、個人事業主の方などからの不用品の場合はすべてアウトです。

また、個人であっても数が多ければ、運び出すだけでも一苦労ですし、料金も膨大になってしまいます。しかも、板橋区では1度に出せる数が10個までとなっているので、引っ越しのときや部屋の大掃除などで一挙に処理したいときには困ってしまいます。

さらに、大型の家具家電だと運び出しが困難で対応できない方も多いでしょう。自分で処理センターまで運ぶ方法と、自宅近くの場所を指定できる方法がありますが、それでも自分でやるには厳しいケースも少なくはありません。

ゴミを出す場所は目立つ場所を指定することになっています。ですからマンションの自宅の前では対応してもらえませんので、道路沿いなどに降ろさなくてはなりません。また、防犯面からも当日の朝に出すことを推奨しているので、作業しなくてはならない時間帯も制限が出てきます。実は出したくても出せない方も隠れて多いかもしれません。

一括で処理する不用品回収業者なら悩みも解決

板橋区は比較的良心的な不用品回収の仕組みをとっています。でも、その仕組みでも対応するのが難しい場面があり、負担なく不用品を片付けたい方は、断念してしまうかもしれません。でも、諦める必要はありません。

不用品回収業者の利用で、申込だけすれば、その他の工程が業者にお任せで進んでしまうので面倒も手間もかかりません。回収してもらいたいと申込はしますが、その後は自宅などの指定の場所に業者が駆けつけてくれるので、見積もりと運び出しを見守っていればいいだけです。

処理費用は1つ1つにもある程度目安はありますが、トータルで見積もるので、多い場合は少し割安になる可能性もあります。家庭用だけではなくお店や業務用でも回収してもらえるので、一手に請け負ってくれるので面倒がありません。

 

東京都板橋区の粗大ごみの回収は利便性がある対応になっています。それでも自分で運び出しをしなくてはならなかったり、家庭用ごみ限定や個数制限があります。

それらを気にせずにまとめて処分を依頼できるのが不用品回収業者で、柔軟な対応で運び出しまで担当してくれるので面倒がありません。見積もりをとって、納得できれば回収してもらえばいいので安心です。個数制限もないですし、広い範囲の不用品を回収してくれるので、少ない手間で処理が完了するのも心強いです。

おすすめ関連記事