目黒区の粗大ごみの種類と回収方法

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/30

引っ越しや模様替え・リフォームなどで出てくるのが粗大ごみです。これを処分するには、粗大ごみの種類や大きさの違いから各自治体によって対応が異なっているため注意を払う必要があるでしょう。ここでは、目黒区での粗大ごみの対応の仕方を見ていきます。

自治体で粗大ごみを処分する方法

まず目黒区の自治体で粗大ごみを処分する方法を見ていきます。定義についてですが、概ね一辺が30㎝以上のものとされていますが、家電リサイクル法によってエアコンやテレビ・冷蔵庫などの家電、さらにパソコンなども粗大ごみに含まれず別途で処分する必要があります。

そして、処分する方法がまずインターネットや電話で予約として、目黒区のごみ処理券を購入しなくてはいけません。その区の取扱店やコンビニで販売していますが、注意するべきは他区のごみ処理券は無効です。

さらに、ごみ処理券は粗大ごみの大きさや種類によって異なるため、自治体ホームページでチェックしてから購入することが大切です。そして、予約した日に引き取りにくるので、粗大ごみに購入したごみ処理券を添付して引き渡すことになります。

このように、自治体で処理してもらうには、さまざまな手続きや費用がかかってしまい負担に感じている人も少なくありません。特に引っ越しなどで大量処分するときには、大量のごみ処理券を購入しなくてはいけませんし、費用も膨大にかかってしまいます。

安く済ませたいと思うのならば不用品回収業者

そこで便利なのが不用品回収業者となります。名前のとおり、不用品ならばほとんどのものを回収してくれるため、区では受け付けてくれない家電やパソコンも対応してくれます。しかも、業者によって異なりますが、一括で回収してくれたり、粗大ごみの種類によっては無料で引き取ってくれるところも少なくありません。

自治体で処分するよりも大幅に費用の負担が小さくなるわけです。費用が少なく済むとなると何か裏があるのではと勘繰ってしまう人もいますが、当然のとこながら安いにはそれなりの理由があります。

不用品回収業者の多くは同時にリサイクルショップを経営、もしくは提携しています。そのため、使える粗大ごみは修理や清掃してからリサイクルショップで販売されるため、その分だけ粗大ごみの所有者の負担を減らすことができるわけです。ほとんど利用者には負担がかからないので、安心して利用することができるでしょう。

手続きが簡単に済ませられるメリット

また不用品回収業者を利用するのは、手続きの簡単さもメリットの一つです。他区に跨って経営しているため、他区のものを受け付けない自治体などの配慮をする必要がありません。

また、手続きも電話やインターネットですることができ、合わせてそこで見積もりをしてもらえるところが多いです。あとは、希望した日時に引き取ってもらい料金を支払う(場合によっては無料)だけなので、とても簡単です。

また大量の粗大ごみが出るときは、定額プランを用意している業者も少なくなく、そちらを利用するのが良いでしょう。定額プランでは、軽トラ一台分・トラック一台分といった感じで運搬する車体の大きさのみで料金が決まります。一々、粗大ごみを調べてごみ処理券を購入するといった手間が一切かからないため、とても便利なサービスとなっています。

 

このように、目黒区で粗大ごみを処理する方法には、大きく自治体に依頼する方法と不用品回収業者を活用する方法の2つがあります。自治体に依頼すると、手続きから費用までさまざまな負担が所有者に圧し掛かってしまいますが、不用品回収業者ならばその負担が大きく軽減することができるでしょう。特に、大量の粗大ごみが出てくる引っ越しなどでは、回収業者なら一括で請け負ってくれるため、その利便性を強く感じることができるでしょう。

おすすめ関連記事