不用品回収のメリット・デメリット

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/06/05

生活をしていると、購入した物や貰い物など自宅に物が増えてしまうこともあります。不用品回収をしてもらうことで、自宅内をすっきりさせましょう。不用品回収を利用するのが初めてという方は、どのようなメリットやデメリットがあるのか把握してから利用してみましょう。

不用品回収業者を利用するメリットは

自治体の不用品回収の場合には、地域によって指定される方法で処分をすることになります。そのため、いつでも好きなときに処分してもらえるとは限らず、方法や日時など指定された場所、日にちに捨てることができます。

不用品の処分に時間的余裕があるときならば自治体の不用品回収を利用してみるのもいいですが、引越しなどできるだけ早く処分をしたいという場合には、不用品回収業者を利用するほうがいいでしょう。

メリットとしては、不用品を回収して欲しいこちらの都合に合わせた日時に回収してもらえる点や状況によっては即日処分をしてもらえる、予約なども簡単であることや日程変更なども気軽におこなえるという点が挙げられます。

不用品を早く処分したい、あまり時間的に余裕がない場合など、不用品を処分したい都合など人によってそれぞれ事情などもあるでしょう。そのため、自治体のサービスを利用するよりも、スムーズに処分したい場合や短期間で処分を済ませたいという場合には業者を利用したほうがメリットは大きいといえます。

自宅まで不用品を回収してくれるという点もメリットの一つです。自治体では回収場所に、自分で不用品を運ぶ手間がかかります。しかし、業者に依頼すれば、自宅まで回収しにきてくれるため便利なサービスといえるでしょう。

また、不用品の中でも売却価値がある物などは買取をしてくれる場合があります。ただ処分するだけでなく、ある程度価値がある物は買取してもらうことで少しでも現金が手元に残ります。

不用品回収業者を利用するデメリットは

不用品回収業者を利用するデメリットとしては、処分にお金がかかるという点です。基本的に処分をする場合、処分手数料が発生します。処分する物によっては、重たい物や大きいかさばる物などもあります。

自分で処分をするという場合なら、お金がかからないかもしれませんがそれを解体する手間を考慮すると、業者を利用したほうが手間はそれほどかからずにスムーズに処分できるため、ある程度のお金がかかるという点はデメリットではありますが、それほど大きなデメリットとはなりません。

不用品回収業者だけに限った話ではありませんが、悪質な業者というものが存在します。そのため、よく調べもせずどの業者でもいいと適当に選んで依頼してしまうと、処分手数料などが高額になってしまったりいろいろとトラブルとなってしまう可能性もゼロではありません。そのため、業者を利用するという場合には、大手の業者やネット上などから情報収集をして評価や口コミ情報なども参考にしながら優良な業者を選ぶようにしましょう。

どのような人が利用すると便利か

不用品回収業者を利用する方として、引越しなどを予定していて、不用品を引越し前に処分したいという方などが挙げられます。引越し先に全部の荷物を持っていけない、少しでも荷物を減らすことで引越し料金を減らしたいなどさまざまな理由もあります。

特に引越しの場合には比較的時間的な余裕がない場合もでてくるため、不用品を処分する場合には業者を利用したほうがすぐに対応してもらえる点からも都合がいいといえるでしょう。

また、高齢者の方などもよく利用します。不用品を自分で自治体の指定した場所まで持っていくことができない、持っていくのが大変だという理由から、業者を利用したほうが自宅まで回収しにきてくれるため便利なサービスとして利用する方もいます。

その他にも、不用品の中に価値のある物があれば現金化したいという人や家電を新たに購入したいため、今まで利用していた家電が不要になった方、自分で片付けなどが苦手で、自宅がゴミ屋敷状態になってしまい自力では処分が難しいという方などが業者に依頼する傾向があります。

 

人によって、都合や理由などがあり不用品を処分する場合ではスムーズな解決を図りたいという場合に不用品回収業者を利用します。業者を利用することでメリットやデメリットはありますが、利用することで不用品を手軽に処分できるという点は魅力です。

業者を選ぶ際には、それぞれの業者のサービスの特徴などもチェックして判断してみることも大切です。そして、ある程度情報収集をおこない、優良な業者を見つけることも重要なポイントといえるでしょう。金額的な面だけでなく、どのようなサービスがあるのかなどいろいろと比較して判断していきましょう。

一人暮らしの女性が利用するなら、女性スタッフが回収してくれるなど業者によってサービスの内容にも違いがあります。そのような特徴をきちんとチェックしてから判断していくことが大切です。

おすすめ関連記事