練馬区の粗大ごみの種類と回収方法

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/30

練馬区は環境への負荷を減らすために、ごみの分別方法を定めたり、区民たちにごみの分別を呼びかけています。しかし、粗大ごみとして出すだけでなく、処分する方法は不用品回収業者に回収してもらうなどいくつか方法がありますので、粗大ごみの種類と処分方法などについて説明します。

練馬区の粗大ごみは何種類あるのか

粗大ごみは練馬区だと家具や家事用品だけでなく石油器具やOA機器、楽器や乳児用具、スポーツと健康器具、板類や灯油缶なども粗大ごみに含まれています。また、クリスマスツリーやシャンデリア、タイヤチェーンとマネキン、リヤカーなど幅広いものも粗大ごみとして処分することが可能です。

不用品を処分する4つの方法について

不用品を処分する方法は、粗大ごみとして処分する、不用品回収業者に依頼、リサイクルショップに換金してもらう、オークションへの出品の4つの方法になります。

処分方法の中でも粗大ごみとして処分する方法が最も一般的ですが、地域によってルールや料金が異なります。自治体が指定している場所で料金分の処理券を購入し、処理券を粗大ごみに貼り付けておきます。収集日に受付センターへ持ち込むか、朝8時までに収集場所に出して回収担当者に回収してもらうことで処分できます。

不用品回収業者に依頼する場合は、自分で不用品を運ぶ必要がなく、早い内に業者が不用品を引き取ってくれるというメリットがあります。この方法であれば、重いものでも養生したあとに業者が搬出してくれるので、建物に傷がつくこともありません。また、平日や土日でも作業日を指定できるので、自分の予定に合わせて不用品を処分できます。

リサイクルショップの場合は、いらない家具などの不用品を買い取ってもらうことで換金できます。不用品の種類や状態によって査定が変わり、商品として売却するので、不用品の汚れを拭きとるなど綺麗にしておく必要がありますが、綺麗な状態であれば買い取りもしくは引き取ってくれます

オークションはオークションサイトに商品として不用品を出品する方法で、リサイクルショップで処分するよりも高く売れる可能性があります。年会費や出品者が負担する費用がかかったり、買い手との取引や発想の手配、入札終了から発送までのスケジュール管理など事務的な作業をする必要があります。しかし、買い手との連絡のやりとりや迅速な手続きをするなど注意点をおさえておけば、トラブルを避けスムーズに処分できます。

回収業者や粗大ごみで処分する費用はいくらかかるのか

練馬区で不用品を粗大ごみとして出す場合は、3辺のうち長い2辺の合計が180cm以下であれば400円と安いですが、180cmから270cmだと1,200円に上がります。さらに、2辺の合計が270cm以上だと2,000円とさらに処分費用が高くなります。

不用品回収業者だと不用品を一括で回収してくれる料金が安くなる場合があり、安い業者では種類問わず家具も含めて一括で12,000円から引き取ってくれます。また、先着で基本料金を無料にしてくれる業者もあるので、サイトで回収業者の料金を確認しておくといいです。

 

粗大ごみの処分は地域によって処分するルールや処分できるものが異なりますが、回収業者やリサイクルショップなどを利用すれば、地域のルールに縛られずに処分できます。処分方法によって不用品の処分費用は異なりますが、中には商品として出品したりすれば処分費用をかけずに、換金してお金を入手することも可能です。このように、不用品の処分方法はいくつもありますので、自分に合わせた方法でいらない不用品を処分していくといいでしょう。

おすすめ関連記事