ベッド・マットレスの処分は不用品回収業者が最適な理由とは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/05

多くの大型ゴミは有料で処理するのが行政のスタイルです。意外と高くついてしまうので、引っ越しや部屋の模様替えなどの多くのゴミが出てしまうときには、不用品回収を利用した方が賢い選択になることも多いです。特にベッドやマットレスの処分は負担も大きいので、費用の面でも搬出の面でも不用品回収の利用も検討してからがおすすめです。

気軽に捨てられない大型ごみの現状

家具や家電を買い換えたり、引っ越しなどで多くのゴミが出てしまうときには、ゴミの処理の仕方で悩む方も多いです。特に困るのが大型のごみで、行政では有料で処理することがほとんどです。もちろん東京も例外ではなく、品目ごとに処理費用が決まっていて事前に支払うシステムになっています。

さらに指定の場所に運び出す手間もかかり、労力と費用のどちらもかかってしまうのが痛いところです。小型のごみなら数百円で済みますが、大型の家具家電になると意外と高額になるうえに、申し込みから運び出しまでを全部自分でおこなう必要があります。

そのため、気軽に大型ごみを処理しようと思えないことが片付けのネックになってしまう部分もあります。これだと本当は処理してスペースを広く使える場合でも、つい後回しになってしまったり、仕方なく使い続けることにもつながります。

これではせっかくのすっきりさせるチャンスも台無しになってしまいます。それを避けるためには、行政による処理ではなく、民間の不用品回収サービスを利用するほうが賢い選択です。

なぜなら費用も意外と安く済みますし、手間も軽減されます。さらについでに他の不用品の処分もできるので、一気に片付けられるメリットもあります。これを生かせば引っ越し時の片付けで出てきたごみを一括で処理できたり、家具家電の買い替えをラクにできたりと、利便性が格段にアップしますので利用する価値を実感できます。

特に負担が大きいベッドの処理は利用しない手はない

大型ごみでいちばん厄介なのがベッドです。ベッドは大きさもありますが、実は重さもあって運び出しが一人では厳しいです。行政の粗大ごみサービスでは指定の場所に運び出すことまでやらなくてはなりませんので、費用の前に移動で困難に思ってしまう方は多いでしょう。

東京都でも区や市によってベッドの処理価格は異なりますが、多くの場合で安くても1000円以上です。これがパイプベッドで素材が何種類かに分けなければならない場合や、2段ベッド、ダブルベッドなどになると、当然もっと割高になってきます。

これを自宅から運び出すのですから、労力も大変になってしまいます。自宅を傷つけないように運ぶにはテクニックもいりますし、養生する必要もあるでしょう。

その準備も大変ですし、一人では難しいので女性や高齢の方なら処理したくてもできないということも出てきます。男性でも、仕事で疲れている休日に重労働するのも避けたいですし、忙しい方なら時間がとれないケースも出てくるでしょう。

そんな悩みが不要なのが不用品回収です。大型のベッドも回収が決まったら、スタッフが運び出ししてくれますので労力がいりません。スタッフもプロですから、傷つけないように運ぶ経験とスキルを持っています。スピーディーに丁寧に運ぶから安心です。

しかも、値段の面でも1つからでも対応してくれる業者も多いですし、他のものとまとめてパック利用もできる業者も増えています。これなら手間もコストも両面からお得に利用できて安心です。誰でも気軽にベッドの処理ができる心強いサービスです。

マットレスは素材によっては面倒もある粗大ごみ

ベッドで付きものながらマットレスです。布団で寝ている方でもマットレスを下に敷いて使っている方も多いでしょう。マットレスは使うほどに劣化が生じますから、買い換えも多いアイテムです。

古いものは捨てるのが通常ですが、これも東京の行政のごみ回収では一般ごみではなく、粗大ごみになり有料です。回収の基準は区ごとに違いますが、使われている素材や形状によって大きな差があるのがマットレスです。

折りたたみ可能で軽量の場合は、多くの場合は粗大ごみとして回収してもらえますが、こちらも有料で事前申し込みをしなくてはなりません。もちろん、数が複数になっても割安になることはありません。

その一方で少し特殊な磁気入りだったり、折りたためないものや重いもの、さらにワイヤー入りなどは対象外ということもあります。回収してもらえても高額になってしまうこともあるので、効率が良い処理方法とは言えません。

また、特殊なものは何が使われているのかを把握していない方もいるでしょう。その場合はどれに当たるのかが判断できませんので申し込みの時に困ってしまいます。そんな区別や判断が不要なのが不用品回収です。

その場で見てもらって基本的にはすべてのタイプを回収してもらえるので、細かいことを気にせずに済みます。処理したいマットレスを確実に処理できるので、回収依頼日にすべてを片付けることができるので計画的な処分が可能です。マットレスはいろいろなタイプが出ていますから、それをトータルに処理してもらえるのは面倒がなくて安心です。

 

東京で粗大ごみを処理するには、細かい規定があるので自分で判断しなくてはいけません。特にベッドやマットレスはタイプや大きさによって値段も違いますし、自分で運び出しをします。これがネックになって処理できずにいる方も多いです。

でも、不用品回収業者のサービスを利用すれば、いちいちタイプや素材を確認しなくても良いですし、運び出しもお願いできるので手間も減らすことができます。この労力の軽減ができることは、気軽に利用できる大きなメリットなります。

おすすめ関連記事