豊島区の粗大ごみの種類と回収方法

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/21

豊島区に住む方も、自分が住んでいる街のごみの分別のルールを守る必要があり、一辺が30センチを超えるものは粗大ごみとして処分ができることにも注目です。対象となるごみの種類を確認して、対象外のものは民間の回収業者に依頼をする方法もあります。

豊島区の粗大ごみとごみの出し方

家具や家電製品など、売ることができるものもあるため、使わなくなった時点で不用品買取をおこなうことも大切です。しかし、状態が良くないものや製造年が古いものは、買取が難しいため、粗大ごみとして処分を進めることが重要になります。住んでいる街によって、ごみの分別や出し方に違いがあるため、役場のホームページをチェックするなどして、確認をすることをおすすめします。

豊島区の場合、粗大ごみの種類は、家具や家庭で使うものなど、さまざまな種類のものを粗大ごみとして処分できます。テーブルや照明器具など、日常生活で使うものも粗大ごみとして処分できますし、ギターやスキー板など、趣味で使うものも処分が可能です。

豊島区では、一辺が30センチを超えるものは、粗大ごみで解体、分解したものも対象となり、有料事前申込制となっています。ごみの種類によって、手数料に違いがあるため、粗大ごみ手数料の一覧をチェックできる役場のホームページで確認することをおすすめします。

ネットや電話で申し込みをおこなうことができ、コンビニエンスストアなどのお店で豊島区のごみ処理券を購入することができるため、便利です。ごみ処理券を貼って、指定された場所へごみを出しておくと、回収してもらうことができるため、車を持っていない方も大きなごみの処分はスムーズに進められます。

回収してもらえないものもあることに注目

パソコンやテレビ、そしてエアコンなど、粗大ごみとして不用品回収してもらえない家電製品もあるため、出張対応の不用品回収業者を見つけると安心です。引越し前に、不用品をまとめて処分したい方は多いため、役場で申し込むときに、不用品回収の対象外となっているものがあると、困ってしまう方もたくさんいます。

安心して不用品を処分することができるように、豊島区エリアの出張の不用品回収に対応する業者を見つけておくと便利です。家電製品以外にも、自分で解体する必要がある家具など、引越しで忙しく、解体の時間がないときに、そのままの状態で不用品回収をしてくれる専門業者を見つけると安心できます。

単品からの不用品回収に対応する業者もあるため、役場で申し込むときに、不用品回収対象外だったものだけを業者に依頼して、片付けてもらう方法もあります。

不用品買取をおこなうメリットは大きい

お得に不用品を片付けていくことができるように、出張対応の不用品買取サービスを見つけることにより、売れるものはお金にかえることができるため、便利です。生活家電や家具など、捨てるだけだとお金がかかるものでも、リサイクルできるものがあれば、無料で回収してもらえたり、買取してもらえます。

不用品の量が多いときに、買取してもらえるものがあると、処分費用を抑えていくことができるため、安心できる方も多いです。定額プランを用意してくれる不用品回収業者もあり、回収してほしい不用品の量が多い場合も、定額だと予想以上に高くなる心配なく、安心して申し込めます。

 

豊島区の粗大ごみの出し方は、電話やネットを使って、役場で申し込みをおこない、ごみ処理券をコンビニなどの身近なお店で購入して、指定された場所に出すだけです。テーブルや布団、そして扇風機など、日常生活で使うさまざまなものを回収してもらえます。

注意点として、テレビやパソコンなど、不用品回収対象外のものもあるため、民間の出張対応不用品回収サービスにも注目することで、まとめて不用品を片付けてもらうことができるようになります。

おすすめ関連記事